「CCかわさき交流コーナー」訪問

2011年6月16日 11時35分 | カテゴリー: 環境、廃棄物、放射線量測定, 高津Weネット活動報告

JR武蔵溝ノ口駅前、ノクティプラザ2(マルイ)11階の「高津市民館」に今年1月開設された『CCかわさき交流コーナー』を訪問した。

エレベーターを降りるとすぐ目の前。
仕切りのないバリアフリーの空間に展示物や資料が並んでいる。

ここの管理・運営は、
「川崎市地球温暖化防止活動推進センター」。 地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき、川崎市から同センターに指定された『NPO法人アクト川崎』の代表を務める竹井斎さんがセンター長。

「展示コーナー」には、今月のテーマ:節電キャンペーン企業・臨海部企業の取り組みがパネルで紹介されていた。毎月テーマを変えているとのこと。

3月からスタートした「ミックスペーパー分別収集」の分別方法についても、実物が貼ってあって分かりやすい。

この『CCかわさき交流コーナー』では相談員が常駐し、家庭の省エネ対策と推進、また新たに環境団体を立ち上げたいという市民からの相談も受け付ける。

原発に頼らないライフスタイルに切り替える大きなチャンスを与えられている今! 市民も事業者も、今すぐ行動に移さなければ間に合わない時機に来ている。
まずは自分に何が出来るのか、を知ることから始めましょう!

私事で恐縮ですが、ちなみに私が環境に配慮してやっていること:ダンボールコンポスト(生ごみ堆肥化)。廃食油リサイクル石けん「きなりっこ」使用。都市型農業(畑作業)。自家用車を持たない。節電。リターナブルびんの利用。みどりのカーテン(ゴーヤ)など。

 
高津Weネットでは、
近日中に「自然エネルギーについて知る」学習会を予定しています。

(高津Weネット・加藤伸子)